デートをして初めて知る相手の癖や、マナーなどありますよね。
レストランでのマナーや食べ方。
一緒に歩いている時のちょっとした気遣いなどもそうです。
最近は一般的な常識がかけてしまっている人が多い気がします。
まず、最低限のマナーが守れないとはどのようなものでしょうか。

・食事の時に音をたてて食べる
・テーブルマナーができない
・食事中に携帯を鳴らす
・食事を残しすぎる
・外などでのゴミのポイ捨て
・電車や公共機関でのルールが守れない(携帯電話や優先席など)
・歩きタバコ
・車の運転時の運転マナー

など当たり前ですが、実は結構見かけます。
ちょっとした行動で、本人は気にしていなくても一緒にいる相手の印象までも悪くなってしまいます。
最低限のマナーなので、親に教えてもらわなかったとか、知らなかったでは済まされません。
今の時代、調べようと思えば何でも調べることはできます。
1度、自分の常識を見直してみましょう。

逆に一般常識的ではありますが、男性としてして欲しいと思う行動を挙げてみます。
・歩道で車側を歩く
・エレベーターや車の乗車などで女性を優先
・重い荷物は持つ

女性にして欲しいと思う行動はどうでしょうか。
・ハンカチ、ティッシュを常に持っている
・座るときなどの姿勢
・男性におごってもらった時の対応の感謝や対応の仕方

これも当たり前なのですが、今の時代若い子でしっかり出来ている子が少ない気がします。
やはり気遣いのできる男性や女性は素敵だなと思いますね。

紳士的にとが、女性らしくと難しく考えるのではなく、相手に心地よくいてもらう為に。
と考えれば、これは必要なのではないでしょうか。

しかし、その日だけ・・・というのは難しいものです。
是非日頃から少しだけ心がけてみてください。

初めての相手との初デートでの食事は緊張しますよね。
慣れている相手であれば何でも気にせず食べれますが、初めての相手となると気になります。
食べ方、食べるもの・・・。

折角のデートなので、餃子や焼き肉、ニンニクなどの匂いのきついものは避けたいですよね。
天ぷらも、食べた後の口の周りが気になるので避けたいです。
他にも焼きそばやたこ焼き、お好み焼きなどの青のりも要注意です。
食べ終わったあと「美味しいね」と笑った歯に青のりがびっしり・・・なんて最悪です。
その他にも出来ればラーメンや熱々の鍋なども避けたいです。
理由は顔に汗をかいてしまうと、折角の勝負化粧が台無しですし、うっかり鼻水が・・・となるかもしれません。
そんな失態を笑ってくれる人であればいいですが、顔に出さないだけで、内心はわかりません。

かといって気どり過ぎも疲れてしまいます。
お洒落な雰囲気で、気どり過ぎない美味しい、カジュアルレストランなどがおススメです。
お酒が好きならお洒落なダイニングバーもいいですね。

お酒と言えば、デートの時にお酒を飲むことも多いと思いますが、お酒の飲み方にも注意が必要です。
初めてのデートではベロベロな姿など見たくないし、見せたくないですよね。
ましてや、つぶれたり具合が悪くなって相手に迷惑がかかってしまっては次はないかもしれません。
節度のある飲み方で、お互いが楽しめれば最高ですね。

食事やお酒も初デートではスマートにこなしましょう。

初めての相手をデートに誘う時、色々考えますよね。
関係性にもよると思いますが、どのように誘うことが多いのでしょうか。

まず大きく分けて2種類ですよね。
デートとして誘う場合とデートとは言わず、別の理由を付けて誘う場合です。

前者の場合、素直に『今週の休みに遊ぼうよ』と誘えばいいのですが、後者の場合は何か誘う理由が必要です。
基本的には相手のことを全く知らないことはないと思います。
相手と共通の何かを理由にするのが1番スマートですよね。

例えば、映画が好きな人なら『今上映中の○○だけど、見た?』と始めます。
相手がサッカーが好きなら『○○の試合を見に行こうと思うんだけど』などです。

しかし、社会人になり仕事関係などの出会いが多くなると、休日のデートを誘うより、仕事帰りの食事や飲みの誘いの方が簡単です。
改まってデートの誘いと言うのもなかなか難しいかもしれません。
実際に今のカップルの多くは付き合う前に改まったデートをしたことがなく、仕事帰りに飲むだけだった人達も多くいます。

しかし、同僚や友達も一緒の食事や飲み以外に“休日にわざわざ会う”と言うのが新鮮なのだと思います。
いつもと違い服装、違う雰囲気に緊張もするかもしれません。
逆に初めて気づくことや、今までと違う印象を持ってもらえるチャンスにもなると思います。

改まって、初デートの申し込みをする。
ぜひ、今一つ気になる方と進展しない・・・と悩む人は休日のデートに誘ってみてください。
きっと新鮮な気持ちで1日を過ごせるはずです。

初めての相手とデートをする時の服装って実は凄く大切だと思います。
得に、仕事の関係の相手や、私服で会ったことのない相手であれば余計です。

どの様な服装が良いのでしょうか。
男性、女性で相手に求める服装は違うかもしれませんが、まず両方に共通して言えるのは清潔感です。
相手の好みを知っているのならばその要素をプラスしましょう。
でも何より大切なのは、TPOに合わせられるかだと思います。

女性であればアウトドアなデートなのにヒールやスカートは場違いだし、思いっきり楽しめないかもしれません。
男性であればお洒落なレストランなのにラフすぎる服装やスニーカーなどもまわりから浮いてしまいますね。
また、服装だけではなく髪型や化粧、香水なども身だしなみの1つです。

男女ともに気合いを入れすぎて、香水のきつい人がいますが、これはアウトです。
まず車移動は避けたいです。車酔いの前に匂いに酔ってしまいますね。
自分が好きな匂いが、必ずしも相手が好きなわけではないのです。

身につける小物やアクセサリーなども含め、TPOに合わせたさりげないお洒落をしてほしいです。
毎回でなくてもいいですが、初デートでのこの印象はとても大きいのです。
この1回で手を抜いてしまうと、その後も「あの人とあのお店は行きたくないな」とか「一緒に車にのりたくないな」などとなってしまいそうです。

女性の場合はメイクで失敗することが多いです。

普段のコンプレックスを隠そうとして気合を入れすぎ、さらにこれでもまだ気づかれるかな?と厚塗りになってしまい、普段の冷静な自分を見失ってしまいます。

男性の多くは厚化粧嫌い。多少コンプレックスが肌にあっても、それを隠していることがバレたときのほうがダメージは大きいのです。もっと自然に振る舞ってくれている、それなりに努力しているという姿に男性は好印象をいだきます。

ニキビや毛穴などのコンプレックスがある人が特にファンデーションの厚塗りになりがち。いきなりそんな顔でデートに来られたドン引きです。こういったコンプレックスは異性とうまく付き合うことでホルモンバランスが改善されて一緒に良くなることもあります。

肌に負担のない、ナチュラルで適度なベースメイク1つで十分です。ナチュラルメイクこそ一番の武器です。どうしても毛穴やニキビが気になるという人は、その仕組を知ってカバーしてみましょう(おすすめ→http://ファンデーション毛穴落ち対策.com/)。

もちろん人は中身が大切です。
しかし、外見ではなくこういった身だしなみに気を使える人。
であるかどうかもしっかりと見ておく必要はあると思います。

初めての相手との初デートの場所はとっても重要ですよね。
女性に人気の場所といえば映画館、お洒落なレストラン、海や山、水族館、遊園地などがあがります。

しかし、マニュアル通りではなく1番大切なのはお互いに楽しめる場所かどうかだと思います、
私も夫も海が好きで、夫との初デートは海でした。
その後、サーフィンをする夫の影響で2人でサーフィンをしています。
結婚した今もお互いに共通の趣味として楽しんでいます。
今でもたまに、2人で海をながら「初デートが懐かしいね」と話ます。

このように、初デートとはとても印象に残るものです。
ぜひ、思い出に残る場所でデートをしてほしいです。

その為には、事前に相手のことを知っておく必要がありますね。
ただ、細かく調べたり、深く知る必要はないと思います。
普段から休みの日はアウトドア派か、インドア派か。
映画などの話題に乗ってくるか。
女友達とはどのような場所に行っているか。
など少し話せばわかる程度でもいいのです。

アウトドア派の相手であれば、海や山、野外イベントなどもおススメです。
季節に合わせた○○狩りなどもいいですね。

インドア派の相手であれば映画やレストラン、相手が興味のありそうな展示会や美術館など。
またインドア派の方は長時間外出し、歩き回るのが嫌という方も多いようです。
プランを詰めすぎず、映画館のあとお洒落なレストランで映画の話をしながらゆっくりする。
などのゆったりとしたプランでいいのかもしれません。

必要なのは、奇抜なものではなく「楽しかったな」とか「リラックスできたな」と思えることが大切です。
ぜひ、いい思い出に残る初デートを大切な人と過ごせますように。

初めてのデートで何が不安かと言うと、会話ですね。
何を話せばいいのか、逆に何を話してはいけないのか。
難しいですよね。

初めての相手との初めてのデートであれば、事前に会話の内容を考えておくほうがいいです。
出来れば何個か会話のネタを用意しておけば、困ることはないでしょう。

そのようなネタがいいのでしょう。
・相手の趣味や特技の話
まず初めてのデートの場合は、相手のことをより知れるように、相手の趣味や特技についての会話は必須です。
共通の好きなものがあれば、そこから話を広げられますし、次のデートにもつながるかもしれません。

・相手の服装や髪形などの話
初デートであれば相手も気合いを入れてお洒落をしてきているはずです。
服装や髪形をほめてみたり、好きな服装、ブランドの話もいいかと思います。

・自分自身の話
相手に質問ばかりでは相手も疲れてしまいます。
自分の話をして相手に自分のことをより知ってもらえるチャンスです。
注意すべき点は“自慢話”にならないことです。
自分の話とは自慢話ではなく、失敗談や面白い知人の話など、相手が笑えるような話がおススメです。
他にもマイブームや好きな食べ物や芸能人などもいいと思います。
きっとお互いに「こんな人なんだぁ」と思うこともあるのではないでしょうか。

やっかいなのは、移動中の車内や電車の中などでの会話ですね。
得に2人だけの空間なので車内で会話が弾めばより仲良くなれます。
逆につまらなければその後のテンションもガタ落ちしてしまいます。
ましてや渋滞などにはまってしまった場合、沈黙も多くなりがちですよね。
車移動の際は、会話のネタの準備はもちろん、BGMやDVDなどの準備も必要です。
そうすることで、自然に映画や音楽の話ができますし、沈黙でも気まずくないです。

また意外に多いのですが、自分のコンプレックスが相手に悪く思われていないか気にするあまり、相手にこの人は楽しくないのかな?と勘違いされるケースもあります。

自分としてはそんなつもりなくても、自分の仕草が繰り返されていると相手はこちらに関心がないように感じてしまいます。例えば髪の毛が荒れていてずっと気にしていたり、化粧で隠したはずのシミやクマなんかが化粧崩れで見えていないか頻繁に手鏡でチェックしたり…

どうしても気になるのなら、これだけやったんだからあとは気にしない!というくらい、事前にコンプレックス対策をしておきましょう。気になりがちなコンプレックス対策について有用なサイトを紹介しておきます。

http://目の周りの茶グマ・黄ぐすみ対策.net/ - 目の周りのくすみ、クマ、茶色っぽいどよんとした年齢印象が気になるなら参考になるでしょう。

とにかく、楽しいと思ってもらえるデートの為には会話や、雰囲気作りの事前準備が大切だということです。
ぜひ、万全の準備でデートに臨んで頂ければと思います。

初めてのデートでの会話は、探り探りになってしまいますよね。

慎重に話をしていても、思いがけずNGワードを口走ってしまっていることもあるんです。

デートの相手がいきなり期限が悪い、デートはうまくいったのにその後進展がない。
などはデート中のちょっとした一言が原因かもしれません。

デート中に気をつけたいNGワード
・デートの場所に以前来たことがあることを言う
・相手が行きたい場所や食べたいものなどの批判をする
・相手の服装に細かく意見
・「はやく」「まだ」などの急かす言葉
・自慢話ばかり
・汚い、荒い言葉遣い
・どうする?と相手に決断を任せてばかり
・なんでもいい、どれでもいい
・略語などわかりにくい言葉

やはり批判的な言葉や急かされるような言葉は折角のデートが楽しくなくなってしまいます。
ネガティブな会話の内容ばかりでは、初デートの思い出もどんよりしてしまいます。
また、初デートの時の会話や行動などで、相手がどのような考え方をしているかを探っています。
会話の内容も考えて話しましょう。

それ以外にも何か選択をする時の決断力の有無も大きな要素です。
はっきりしない優柔不断な発言は男女ともにイライラするものです。
決めきれない時や相手に判断をしてほしい時は「○○と●●どっちがいい?」
などと言う質問にして、相手が選びやすいようにしてあげるのがスマートで素敵ですね。

また、言葉の間違いや使い方などで常識のないイメージになってしまいます。
言葉1つでイメージが変わってしまいます。
逆に言葉1つで自分の印象を良くすることもできます。
初デートの時の会話や言葉遣いには充分に気をつけましょう。

緊張の初デートは失敗がつきものです。

しかし、取り返しのつかない失敗をしてしまい、デート後に連絡が取れない。
ということもありえます。
それは「もう会いたくない」と思われたということですね。
常識的なマナーではなく、男女間でのやってはいけないことは結構あります。
無意識にとっている行動もあるので今一度振り返ってみましょう。

もう会いたくないと思う男性の行動
・デート中に頻繁に携帯を見る
・店員や周囲の人に対して態度が大きい
・車の運転が荒い
・歩く速度が速い
・食事の注文の時に自分だけ頼む
・鏡やガラスに姿が映る度に髪型を直す
・お会計がきっちり割り勘

などがよくあがります。
食事の際の無神経な態度が多いです。
その他にもナルシストな感じがする行動や、身勝手な行動もマイナスイメージです。

もう会いたくないと思う女性の行動
・デート中に頻繁に携帯を見る
・店員や周囲の人に対して態度が大きい
・化粧を頻繁に直す
・なんでもかわいいと言う
・髪をずっといじっている
・椅子に座った時などに足を開く

など2つは一緒ですが、女性らしさに欠ける行動はやはりマイナスですね。
その他、男性は長く待つのが苦手です。化粧もほどほどに。

このように、一般的なマナーではないですが、男女間のなマナーと言うものがあります。
自分の行動ははたしてOKなのか?NGなのか?を考えて行動しましょう。

初めての相手との初デート・・・どこまでなら許せますか?
例えば、数回話をした程度の男性から誘われた初デート。
相手の言動、どこまで許せますか?
・タメ口
・説教
・自慢話
・元カノ話
・仕事の話
・愚痴
・家族の話
・人の悪口

どうでしょうか。
どれが嫌かは、人によって違うと思います。
しかし初デートでは相手がどこまでが許容範囲かわからないものです。
仕事の動機や同年代であればタメ口はOKだと思います。
個人的に1番嫌なのは自慢話と元カノの話ですね。
まだちゃんと付き合ってもないのに、元カノの話なんて聞きたくもないです。
自慢話は付き合いても嫌なものです。
本島の“自信家”や“出来る人”は自慢話をしないものです。
愚痴や周囲の人の悪口もその人の器の小ささが見えてしまいます。

相手との関係、どこまで許せますか?
・ボディタッチ
・手をつなぐ
・キスをする
・エッチをする

これはどうでしょうか。
私は手をつなぐまでだと思います。
これも人によって全然違うと思います。
また、ボディタッチも肩を組む、頭をなでるなどはコミュニケーションの1つかと思います。
女性がどこまでをOKとするか・・難しいものです。

ただ、多くの女性は真剣な付き合いを考えればこそ、堅実さや真面目さを求めるものです。
相手の堅実な態度を見て、真剣な付き合いを考えるものです。
逆に1つ間違えると、今後の関係性に大きく影響をしてしまいます。
まずは軽いボディタッチなどで反応を見て、焦らず、紳士的に接してみてください。
もちろん今の時代、結婚するまでと言うわけではないですが、相手ことを考えて距離を縮めてみてください。

自分の初デートの時を振り返ると色々な失敗談や成功談があります。
よくある2つの経験談をお話したいと思います。

1つ目は女性であれば、初デートではなかなか難しい「トイレ」のタイミングについてです。
私は車で首都高速を走っている時にタイミングを逃して長い時間我慢をして辛かった経験があります。
この話はよく聞きますが、結構つらいものです。

女性で普段自分で車を運転しない方や、首都高速に乗ったことがあまりない方ですと要注意です。
首都高速はパーキングエリアがなく、トイレだけが設置された休憩所が点々とあります。
しかし渋滞時や、混雑時は駐車場が少ないために立ち寄れなかったり、酷い渋滞の場合、その場所まで着くのに何時間もかかります。
その間にトイレに行きたくなり、我慢をしていると会話なんて頭に入ってこないですし、最悪を考えると・・・不安ですよね。

対策としては当たり前のことですが、高速に乗る前に必ずトイレを済ませておくことです。
それと、交通状況の確認は必須です。
そして男性に気を付けて頂きたいのは、女性は男性に比べ尿意を長く我慢できません。
また生理などトイレを利用する頻度も高いので、相手が何も言わなくても休憩をこまめにとったり、さりげなく声をかけて頂ければと思います。

2つ目はどちらかのペースに偏りすぎて疲れてしまい、テンションが下がってしまうことです。
これもよくあると思います。
デートの時2人のうち、どちらかがとっても元気で、どちらかが少し寝不足なんてことがあります。
その場合、元気な方のペースに合わせて動きまわってしまうと相手はかなり疲れてしまいます。
また、初デートですとなかなか「つかれた」などと言いにくいものです。
その結果、帰るころには疲れてテンションが下がり、相手も「つまらなさそう」と感じ険悪なムードになるのです。

折角のデートなのにとても勿体ないですよね。
もちろん、デートの前日は早めに寝て、寝不足にならないようにするのは重要です。
しかし、寝不足以外ににもいきなり具合が悪くなることもありえます。
まだ慣れていない間柄の時こそ、自分だけテンションが上がってしまい、相手を振り回してしまうことにならないように気をつけましょう。

どんな人でも、振り返ると様々な経験があると思います。
その失敗談、成功談を活かして素敵なデートができればと思います。